<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2007年観劇一本目。
青井陽二演出、動物園物語。
のんきに劇場にいったのを、ちょっと後悔した開演前。
青井陽二演出作品てば、なんて気の抜けない作品ばかりなのでしょう。
劇場の舞台の上に座席が組んであって、そこは、小さな円形劇場。
観客までが出演者になっているかのようなわけですよ。
その錯覚は、開演してからも変わらなくて、
木陰から盗み見をしているか、木々になったかのような感覚です。
そしてその中心で繰り広げられる、二人の人物の物語り。
現代作品ではないのに、現代におこりうる物語は、
いまこの瞬間、本当におこっていても不思議ではない事件。
二人の人物のそれぞれ全く違う人生を近くに感じ、深く印象づけられます。
彼等にかかわる人々と情景は、彼等の言葉によって鮮明に
浮かび上がってくるのでした。
1時間ほどの演目なのに、その時間はとても濃密です。
見終わったころには、ぐったり、、という感じなのですが、
その感覚がまた心地いい。そしてその短い時間には理解しきれない
二人のことが気になって仕方がない。

最近私は、また落語熱がわいていて、途中までは落語に似てる感覚かな、
とも思ったんですが(言葉を想像して話しが進む感じが)、
あとになっても気になってしまう感覚は劇なんですよね。
また、あの木陰に座りたい。

北千住1010シアター 
1月21日まで
[PR]