<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0027181_13325848.jpg

販売開始当初から人気の黒蜜ローズなのですが、
なかなか写真を撮ることができずに、アップしておりませんでした。

生地を作成する段階で、
必要な精製水の半分をローズティにし、
さらに型にいれる段階で、ローズのパウダーをたっぷり混ぜています。
そこへ保湿効果があるといわれる黒みつをいれているので、
ベージュ色に仕上がります。
香りにはローズゼラニウム精油とラベンダー精油を使用しています。

写真では白っぽいですが、カフェオレのような色です。
[PR]
「クラリモンド」を母の日に観に行ってきました。
ダンスミュージカルと銘打たれているのが、不思議で仕方なかったのですが、
観終わってみると納得。
セリフの全てが歌になっているのではなく、状況や感情などがダンス、
それも音にあわせるだけではない肉体の全てを使った、演技としてのダンスで
綴られていく作品でした。その行間を、華麗な言葉と、歌でうめられていく、
いままでにはないタイプのミュージカルであったかと思います。

舞台は一瞬一瞬が緻密に計算しつくされ、その緊張感に、拍手やまばたき、
呼吸さえも躊躇われるほどで、静寂が支配する劇場は、
歓客の息さえもとまっているように思えます。
だからこそ、一人対作品として作品にのめり込め、その濃密な空気に身を沈め、
クラリモンドの魅力に目をこらすことができる、
いい意味での連鎖が起こっていたように思います。

最初は、流れにのまれるばかりで、
神に仕えるロミュオや、悪女クラリモンドの感情がよくわからなかったのですが、
視点をクラリモンドにあわせると、途端にこの作品が
深く甘美で、人間なら誰もが望むであろう愛の物語であると気づくのです。
そう思ったら、もう涙が湧いてきてしまいました。

生きながらの死を選ぶのか、死ととなりあわせの愛か。
どちらの生を選ぶのか、と迫られたとき、きっと表れる人間の弱さと感情のゆらぎ。
十字架をはずすことは出来ても、長年腕をとおしてきた礼服を、
脱ぐことの出来なかったロミュオ。そんな細部にまで、表現されていることに驚きます。

一音一音奏でられるピアノ、効果をもになう斬新なタップダンス、
感情の全てを表現していく歌、狂気と絶望までも表現するダンス、
美しく響く情熱の言葉。
各パートの全てが一体とならなければ完成しない舞台、クラリモンド。
いまも彼女の歌声が、耳にこだまします。
無償の彼女の愛と歌声に、また深く浸りたい。そう思う濃厚な作品でした。
[PR]
13日で終わってしまいましたが、今年も日本ホビーショウへ行ってきました。
日本のホビーに関するものが一同にかいするイベントです。
でもこのイベントのいいところは、展示会だけではないところ。
いろんな場所で講習会が行われていて、
普段気になっていたものや、やってみたかったものに触れられるのです。
さながらおとなの文化祭。
(土曜日はお子さま向けの講習会もありました)。
今年はお友達のmakiさんと一緒に。お互い気になっているものが近いので、
一緒に講習会をいくつか受けたのですが、
すいすいこなしていくmakiさんの横で、初心者な野原は、
あらゆる場所でおたおたしておりました。
(makiちゃん気長に待ってくれてありがとう!)

今年はニット関係がいちばん熱かったように思います。
そこで私も、はじめてのあみぐるみ。
市川みゆき先生デザインの、くまのストラップです。
わかりやすく教えていただき、継ぎ目が不格好ながらもなんとか完成。

c0027181_0513724.jpg

妹子って呼んで?

妻夫木くんよろしく照れながら、妹子v と呼びたくなる顔になりました。
本当は耳のボンテンは一個づつなんですが、
顔が大きくなってしまって、どうしてもリボンのように
2個にしたくなってしまったのです。その結果の妹子風。。
先生にはちょっとわがままをいってお許しをいただいたのでした。
ぶさいくながらも、やはり自分でつくったのはかわいく見えてくるので不思議。

ほかにもいろいろ見たり、聞いたり、手にしたり、お買い物も充実の収穫。
来場してるみなさんもイキイキと作業してたりして、
とっても楽しいイベントなのでした。
あー。また来年も楽しみだなー。
[PR]
by hummingsummer | 2006-05-14 00:57 | 日々日記
c0027181_21421471.jpg

マンゴーバターをまぜたソープが出来ました。
マンゴーバター自体は白いのですが、
色もマンゴー色になったらいいなーと、
レッドパーム油を配合し、思い通りの色になりました。
まあ、時間がたつにつれて、色は褪せていってしまうんですけど。。

洗いあがりも今の時期にぴったりな、感じです。
泡立ちもよく、洗い上がりはさっぱりつるっとした感じ。
しっとり感は、シアバタの方が上かなー。
でもちょっと美味しそうです。
[PR]