なんでも石鹸で洗う

最近では自分で作った石けんでなんでも洗っています。
洗濯機には頂きものの市販の洗剤があることと、
気温が低いので冬場は使っていませんが、やっぱり純せっけんがいいなあと思います。
漂白効果はないけど、汚れは落ちるし、洗いあがりはやわらかいし、何より
お日様の匂いをたっぷり吸い込んでくれます。
懐かしい匂いです。
お皿洗いもせっけんです。
油汚れが強いものでもちゃんと落ちますし、茶渋も力を入れることなく
きれいになります。洗いあがりは磨かなくてもピカピカに輝いています。
(たぶん手に膜を作る油分がぴかぴかになるんでしょう)
レンジもフライパンも、石けんで洗うようになってから
嫌な油のベタベタ感はなくなりました。2年以上使っているけど新品のようです。
お風呂洗いだって石けんです。
思えば我が家は小さいころからお風呂洗いは石けんでした。
母は何か考えていたわけではないんでしょう。
ただ小さくなった石けんがあるということ、肌が触れるから、
という理由で小さくなった石けんで洗うようにと言っていました。
一人暮らしを始めた頃、お風呂用洗剤というものに憧れて、
買ったりしたんですが、どうもつるつるにはならなくて
(湯あかみたいなのが残るんですよね)、
母のことを思い出し、石けんに戻してみるとつるつるの洗い上がりです。
考えてみれば、汚れのもとは皮脂と湯あかです。
石けんで十分なんだよなあ。と思うのです。
漂白効果はないし、カビとかの問題もあると思うので(我が家は風通しが
非常によい風呂場なのでとりあえずないのですが)、
時には市販のモノも必要かもしれませんけれど。

石けんだけの暮らしもなかなか快適なのでした。
[PR]