なつかしのでんぷんのり

c0027181_19172798.jpg
幼稚園時代にはよくお世話(?)になっていたでんぷんのり。
いまは、せっけんの包装の際にお世話になっています。

事務用のスティックのりや、
ペンタイプのノリも使ってみましたし、
最新技術のノリを使ったほうが綺麗に包装できるのも周知。
水分や湿気がご法度なのが手作り石鹸、そして包装に使うグラシン紙。
わかってるんです。わかってるんですよ。
でもね。

突然。
ど~しても、「あのわんこのノリだ!」と思っちゃたんです。
もういてもたってもいられないくらいに。
で、文房具やさんを巡り、もう売ってないかも? とびくびくしながら探した夏。
シャープでかっこいい都会的なノリたちの脇で、
ちんまりとしたこのお犬様を
見つけたときは小躍りしたい気分~。。
何度も確かめ、手の平にのせ、その記憶以上にちいさくて(売ってたのがミニだったのかな)
お安い値段に驚きつつ、連れ帰った夏の午後。
もう手放せないな~と思えるほど、我が家のテーブルでごらんの表情です。
そんなわけで「Humming Bird」の石鹸の包装は、
しわしわにたわんでいることがあるかもしれません。
それは湿気のせいではなく、接着のりのせいなのです。
ちょっと不恰好な感じがするかもしれませんが、かわいがってくれると嬉しいです。
[PR]