春と初夏のあいだ

c0027181_001284.jpg
久し振りに、しろつめくさの香りが風にのってきました。
小さなころは、そこら中に咲いていて、
よくみんなで花かんむりを作って遊びました。
そんな頃のなつかしい香りです。小さな白い花ですが、とっても香りは強いのです。
草っぽい匂いなのですが、そのなかにふんわりとあまい香りがします。
そこは近代的に整備された場所だったのですが、
きょろきょろと見回したら、芝生の中にもこもこと生えていました。
花かんむりが作れるほどの花数はなかったけど、
こうしてちっちゃく咲いている姿が嬉しいよね。
やっぱりしろつめくさは芝生が好きなんだなあ。
春にしろつめくさが咲く姿は見たいけれど、
これはプランターでは見られない姿。
来年もがんばって咲いてほしいなあ。
[PR]
by hummingsummer | 2005-04-26 00:29 | 日々日記